ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

モデルベース開発

モデルベース開発(MBD)

モデルベース開発(MBD)技術を適用することにより、従来のものづくりの工程が大きく変わります。航空宇宙分野では制御機器設計への導入を検討しており当社も活用方法、課題を検討中です。
ツール上で設計した制御則の検証(シミュレーション)が簡易に行え、完成した制御則を実現するソフトウェアが自動で生成できます。制御則もブロックダイヤグラムなどの図形言語で作成するため、可読性に優れています。

MBDのシステム設計への適用

モデルベース開発(1DCAE)

モデルベース開発(MBD)技術として1DCAE(注)があります。システム設計はシステムが大規模になると、機能毎に設計していきますが、機能を組上げたシステムの検証や、機能毎に設計余裕(安全)を確保するので、開発に時間を要したり、設計余裕が過度になるなどの問題があります。
1DCAEでは、機能毎のモデルを統合し、システムとして性能評価して設計していくので、開発期間の短縮、設計余裕の適正化が図れます。
当社では、1DCAEを適用したシステム設計を試行し、課題の整理、実務への適用方法を検討しています。

  • CAE:Computer Aided Engineering
1DCAEの航空機の脚揚げ機構へ適用